問題を断捨離してサクサク解決する3つの秘訣

問題を断捨離してサクサク解決する3つの秘訣

「何でもできなければいけない」と思い込んでいる人
あなたの周りでこういう人はいませんか?
もしくは、あなた自身がそうではありませんか?

そういう人の特徴として真っ先にあげられるのが、

完璧主義

生きづらさを感じる人
物事がうまくいかないとき、自分はダメだとか、価値がないと考えて自分を責めてしまう人
今の自分に疲れている人

そのような問題を持っている人の

「○○じゃなければいけない」を断捨離する3つの秘訣

  1. 自己肯定感を上げよう
  2. 潜在意識を味方につけよう
  3. 俯瞰して物事を見る方法を修得しよう

3つの秘訣をもう少し詳しく説明すると…

1.自己肯定感を上げよう

自己肯定感が低いと、自分を責めることにつながります
自己肯定感が高いと、自分を信頼し自分軸で行動することが出来ます

自己肯定感をあげるためには、ありのままの自分を受けとめることです

ありのままの自分を受けとめるためには、
自分の長所も短所もより良く知ることです

2.潜在意識を味方につけよう

潜在意識を味方につけると、思い通りの現実を引き寄せることが出来ます

ユングの分析心理学における無意識概念
幼少期に周囲からの道徳的影響という抑圧によって形成されるというフロイトの無意識は、その成り立ちから内容は幼児的傾向のものに限られる。また、仮にある人間のすべての抑圧を解放してしまえば、そのすべての無意識の内容に対して、解釈するためのその人がかつて遭遇した抑圧の記憶が対応付け可能なはずである。
Wikipedia

潜在意識を味方につけるには、自分の感じ方の癖や考え方の癖を知ることです

3.俯瞰して物事を見る方法を修得しよう

俯瞰して物事を見る方法を修得すると、
目の前にある事実をそのまま受け止められるようになり
俯瞰した視点を持てるようになります

俯瞰して物事を見られるようになると
悩みを断捨離出来るようになります

「○○じゃなければいけない」を断捨離して、想いを形にしてゆきたいあなたにおすすめの講座を開催しています。


関連ポスト一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。