勤労感謝の日と天皇行事

勤労感謝の日と天皇行事

勤労感謝の日ってなんの日?

勤労感謝の日とは「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」とされています。
この日は「働いている方に感謝の気持ちを伝える日」と広く認識されていますが、これが始まったのは1945年。

日本が戦争に負けた後、日本国内ではGHQによる「日本弱体化政策」が始まります。

何故11月23日??

この勤労感謝の日には前身があります。
それが新嘗祭(にいなめさい)。

新嘗祭とは、その年に収穫された新米や新酒を天地の神様に捧げ、天皇と国民が一体となって、天地自然の神々に感謝し、収穫を喜び合う国民的な祭典です。

その歴史は古く、一説によると飛鳥時代からあったといわれています。

宮中行事のため、一般の方にはあまり馴染みがありませんが、新嘗祭は今でも大切な行事として執り行われています。

今では新米が取れればすぐ出荷されて早いと9月には食卓に並ぶ方もある昨今ではありますが、
ほんの少し前までは、この新嘗祭が執り行われるまでは、
天皇陛下が新米を食すまでは、国民は口にすることができなかった貴重な穀物だったのです。

そう。勤労感謝の日とは、
天皇陛下が五穀を日本の神話の様々な神々に捧げて豊作を感謝し、また天皇陛下自らもその五穀を食す日だったのです。

何故、GHQがその改訂が必要だったか。

そこが重要です。

何故そのままの新嘗祭の日ではいけなかったのか。
アメリカは宮中行事から国民を引き離したかったのです。
何故か。

「日本弱体化計画」

です。
アメリカはこの宮中行事を脅威に感じていたのです。

日本人の一体化、
団結力、
日本独特の繊細な美意識、
信じる力、
祈りの力、

これらは祈りの象徴である天皇陛下の存在から来ていると感じたからです。
この天皇という存在と国民と引き離すこと。
そのことで日本人の大和魂を封じ込むことが日本を弱体化させることができると読んだからです。

今一度、日本人の魂を!!

私たちは何故日本人に生まれてきたのか
私たちは何故この時代を選んで生まれてきたのか
私たちは何故この肉体を選んで生まれてきたのか
そして

何故わたしはいまここに何をしに
生まれてきたのか

1人でも存在が欠けていたら今のわたしは存在していません

何故この先祖たちが受け継いできた
この血脈を選んだいまここにいるのか

それを思い、知るために、
GHQが恐れた大和魂を私たちは思い起こす必要があると思います。
それが無くして今の私たちはいないのだから。

何千年と続く天皇、宮中行事を中心についこないだまで動いていた日本。
それをたかが100年で壊され、
崩壊していく、弱体化していく日本をそのまま国家政策のせいにしておいて良いのでしょうか?

国家政策なんかよりも、
今、1人1人が日本人である誇りを持つこと。
そのことの方がわたしは日本を立て直すことへの近道だと思うのです。

われは日本人!!

それは今この命への感謝に繋がることだと私は感じます。

あんなに人がいたのに人払い♡
すごくないですかー??
新嘗祭が執り行われた皇居内の大嘗宮にて。
日本人であることに感謝し、
わたしの中の大和魂、大和の神々とつながった時、
わたしの心の中は静かに静まりかえり、
ただここにいることだけの感謝が溢れました。

関連ポスト一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。