100歳の大経営者から、学ばせて頂いた事!!

100歳の大経営者から、学ばせて頂いた事!!

100歳の大経営者から「あ!そうよね~」と学ばせて頂いた事!

セラピーでの事

「ワシが築いた財産を残せ!」
そう、おっしゃる経営者のおじいちゃまがいらっしゃいました。

言われた家族は大きな重荷を抱えて、
頭ではありがたいのは分かるが、なぜか心のそこから喜べない!
おじいちゃまの 「我 」を押し付けられた気分であるからだ。

しかし、おじいちゃまはこう話しをして下さいました。

💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨💛✨

商売はな、簡単なんだよ!

人の話しをちゃーんと聴けばいいだけだ
人の話しをちゃーんと聴いていると
人は、自分が欲しいもの 自分がしたい事 を言っている
それを用意すれば 高く売れる…

なのに、皆んなは
自分の売りたい物、自分のこだわりばかりを売ろうとする

それこそ「我」だ!
芸術 こだわりは、自分を超えて神を表現しているだけだ
だから 芸術は究極だ

それとは違う!

私は、人の話しを聴いて 人が必要とする物を用意して、人に喜こんでもらい 人から感謝され
その感謝が形となったのが この土地 この家 この財産だ
「残すとは、人々の感謝の想いを後世に伝えなさい」と言う事です。
「私の我 私の名誉を残せとは言っておらぬ」そう教えて頂きました。

やはり、長生きし 財を成す方はものの捉え方が違うと、頭が下がりました。

かがみのカウンセリングお申込みはこちら⇒ https://kagami.mamaiku.jp/counseling/

関連ポスト一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。