あなたの娘で幸せでした

あなたの娘で幸せでした

先日、
10年に及ぶ癌の戦いに母は幕を下ろしました

母がいなくなって喪失感がないわけではないけど
それよりも、
何よりも
満たされ感がすごい。

頭では「愛されている」がわかっていたけど、
感覚的にわからなかった。
偽物のように感じていた。
受け入れられなかった。

だけど、
理屈では説明できない「愛」を体感している。
それが半端ない。

母を否定して生きてきた。
母のような人生だけは歩みたくないと
母を哀れんできた。

大好きだけど、母を否定している私がいて、
でもその母をそうしたのは
子供のためにと頑張って離婚しないできた、
娘の大学のためにとスナックのママをしたきた、

全て私のためで
私のために人生を犠牲にしてきて
私のためにガンになったようなもので…

その懺悔をきちんとできない私の未熟さを
母のせいにして母を拒否ってきたんだと思う

でも3次元の身体がなくなって、
愛の存在、光の存在だけになった母は…

とても偉大だった。
全然惨めじゃなかった。
小さい人じゃなかった。
とても、計り知れないくらい大きい人だった。
私の黒を全て白にひっくり返した。

私の常識の根底を全てひっくり返しそう

死ぬ前に気付けたんじゃないの??
死ぬ前にわかってたら違ったんじゃないの??

いや、それはない。
それも、母が教えてくれた。
何一つ後悔はない。

全てはうまくいくために、
すべての計らいが神に動かされていること。
なんのために?
この、3次元の今のためではない。
時空をこえての魂の成長のために。
ゴールは今ではない。

安らかに眠るように苦しまずに
旅立った母の最後の言葉は

ありがとう  ありがとう

でした。
こちらこそ、
あなたの娘として産んでくれて選んでくれて

ありがとう

関連ポスト一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。