毎日育児に励んでいるママへ!!《ベビー身体編》①

毎日育児に励んでいるママへ!!《ベビー身体編》①

~赤ちゃんの手の発達について~

◇ 赤ちゃんの手の発達の流れ、ご存知ですか?
 把握反射 ➡ しっかりと掴む反射 ➡ 保持 ➡ 離す ➡ 指先を使う ➡ 指先で掴む

 把握反射とは … 原始反射の一つ。赤ちゃんは手や足に何かが触れると握ろうと指を曲げます。
        これが把握反射です。
 しっかりと掴む反射 … 把握反射が無くなると 赤ちゃんは 自分の意思で何かを掴みたがる仕草を
        見せるようになります。
        ガラガラをしっかりと握る、両手で握る、上下に振る
 離す … 「握る」よりも「ぽっとんと落とす」すなわち「手からモノを放す」のは難しい
        手を放すと手から離れて落ちることを意識して行い、何でもポイポイし始める
 指先を使う … 小さいものをつまむ
  
◇ 手の発達を促すには?
 可愛い赤ちゃんの手のひらにはたくさんの神経が通っています。
 たくさんの神経が通っている手指。それを小さな頃から鍛えることは、
 単に手先が器用になることだけでなく、脳の発達にも繋がっているのです。
 
  ※ 指先をマッサージして、刺激を与えましょう
  ※ 手遊びをしましょう
    ママと指合わせ(^▽^)/ トットノメ グーパー遊び ぐるぐる遊び etc

関連ポスト一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。